Style

音楽と共に、これまでもこれからも。

音楽の為に最善を尽くすというツェーザ・ファゴットリードの基本的な考え方は、
これまでもこれからも変わることはありません。基礎となるバランスの感覚は偏る事なく
シンプルでオーソドックスなスタイルを保ちながら、目に見えない細かな調整を積み重ね、
常により良い音楽を目指して進歩しています。プレーヤーが日々の鍛錬を怠らないのと同じように。

Meister work

最高の技術を惜しみなく。

例えば糸の巻き具合ひとつをとってみても、その強さの加減によってリードの性格は微妙に変化します。一見するとあまり重要ではなさそうな小さな要素にも注意深く検討を重ね、それぞれに最高の技術を用いながら一つのリードを作り上げていきます。もちろん最後は紙やすりを用い、コンマゼロミリ単位で仕上げます。

cezafagottreed werkzeuge

New theory

新開発リーマー

リード後端の穴、つまりボーカルの差し込み口は、息漏れを予防してリードの性能をあますところなく発揮させるための重要な部分。奏者のイメージ通りの音を出すためには、リード内部の空気を効果的に楽器へ伝える事が不可欠です。後端を水につけたり薄紙を挟んだりすると反応が良くなるリードの場合、後端から息が漏れている場合がありますが、確認しても気がつかない程少量の場合も多く、リード製作の重要なテーマの一つでした。ツェーザ・ファゴットリードは、多くのファゴット奏者の研究の結果、息漏れの対策は勿論、状態の変化や様々なボーカルの形状をも考慮され、新たに開発されたリーマーによって作成されています。

cezafagottreed newtheory

Professional

求められる物

この箇所は良かった、あの箇所はもっと違う具合にやれたかもしれない、という風に、本番の後は自分自身で小さな反省会を行う事でしょう。それは本番という経験を今後の練習や次の本番に活かすための大切な時間です。そしてその小さな反省会で常に議題にのぼるのが「今日のリードはどうだったかな」という事です。
また、プロの現場で時として起こるのが、直前までどのような曲をやるのか分からないという事。スタジオ録音のようなシーンでは当日新譜を見てすぐ本番という事も。そんな時は、大抵の事はこれで大丈夫という信頼感のあるリードを前もって準備しておく必要があります。
リード楽器にとって、リードとは非常に大きな要素。思い通りの音楽を奏でたい、そんな世界中のプレーヤー達の高い要求に、ツェーザ・ファゴットリードは応え続けています。

cezafagottreed probe
cezafagottreed photoc2-01
cezafagottreed photoc2-02
cezafagottreed photoc2-02
Ceza Fagott Reed

Type C-2

吹きやすく落ち着いています。強すぎず弱すぎず丁度良いタイプです。良く振動しますが程よくまとまっており、豊かな柔らかい音色で響きを楽にコントロール出来ます。発音も音程の取りやすさも抜群です。繊細に施された先端からサイド、中部、根本までバランス良く仕上がっています。

シェーパー

Rieger特注 (近似:2番)

全長

約54mm

ブレード長

約27.5mm

先端部幅

約15mm

スタイル

中庸~軽め

© 2018 Ceza Fagott Reed. All rights reserved.