Meister

制作者をご紹介します
cezafagottreed

Tadahisa MORII

森井禎久

1992年東京音楽大学へ給費特待生として入学、霧生吉秀、菅原眸の各氏に師事。1996年同音楽大学を首席で卒業、読売新人演奏会出演。練馬文化センター音楽コンクール最優秀賞受賞、東京ニューシティ管弦楽団とW.A.モーツァルトのファゴット協奏曲を共演してデビュー。津山国際ダブルリードコンクール第二位(ファゴット部門一位)受賞。その他これまでに数々の賞を受賞。 1998年同大学研究科終了後渡欧、オーストリア・モーツァルテウム国立音楽大学及びウィーン国立音楽大学にてリヒャルト・ガラー氏に師事。ファビオ・ルイジ指揮ウィーン交響楽団にゲスト出演の他、ウィーン放送交響楽団、ウィーン・コンツェルトフェライン合奏団等著名なオーケストラに出演。 2000年よりザルツブルグ室内管弦楽団、2003年よりウィーン・オランジェリーオーケストラ及びモーツァルトオーケストラのメンバーを務め、2005年ウィーン・シェーンブルン宮殿劇場管弦楽団首席奏者に就任する。

リード製作者としては1996年より一般販売を開始。これまでに世界中のプロ奏者を始め、音楽大学生、愛好家、ブラスバンド部やオーケストラ部所属の中高生等、各プレーヤーから好評を得ている。オーストリアではファゴット教育におけるリードの手本として採用された。

Sound Gallery

実際の音を聴いてみましょう
Go to listen

Photo Gallery

よろしければ壁紙にも
Go to Photo

Reed and Music

2つの観点から考えます
「リードと音楽」へ

Fagott First step

難しくないファゴット
ファーストステップへ

© 2018 Ceza Fagott Reed. All rights reserved.